山中慎介さんの経歴と家族は?大和心トレーナーのタオルの理由は?【プロフェッショナル】

こんにちは、やじです!

今日のプロフェッショナルでは、ルイス・ネリ選手との世界戦を戦った山中選手に密着ですね。

神の左を持つ男と言われ、誰もが具志堅さんの持つ日本人最多防衛記録である13連続防衛の達成を信じて疑わなかった8月15日。

結果は、誰も予想しなかった負け。

しかも、タオル投入によるTKOでの負け。

タオルの投入には賛否両論が巻き起こりました。

やじも、「何で?世界戦でタオル?」と思いましたが、タオルを投入したトレーナーは、とても難しい判断を強いられていたんですね。

1 山中慎介選手のプロフィールは?
2 山中慎介選手の家族は?
3 山中慎介選手のトレーナーはどんな人?
4 大和心トレーナーの個人の感情とは?
5 ルイス・ネリ戦のタオルに感動。
6 やじまとめ

調べたことをまとめましたので、ご覧ください。

スポンサードリンク

1 山中慎介選手のプロフィールは?

出典:nhk.or.jp

山中慎介
やまなかしんすけ
1982年10月11日生まれ
滋賀県出身
171cm
専修大学卒業
帝拳ボクシングジム所属
プロボクサー

山中選手と言えば、サウスポーで「神の左手を持つ男」と言われるくらい、左ストレートでのKOが多い選手として知られています。

サウスポーボクサーですが、ボクシングを始めた時にはそうではなかったそうですね。

山中選手は、もともと左利きらしく、高校時代の監督のススメでサウスポーのスタイルになったそうです。

高校からボクシングを始めた山中選手は同じくプロボクサーである粟生選手を下しての少年バンタム級優勝やインターハイ2位など輝かしい成績を残しました。

大学に進んでからもボクシングを続け、専修大学ボクシング部の主将に。

当初、ボクシングは大学まででやめる予定だったそうですが、大学最後の国体で完全燃焼しきれなかったことから、現在所属している帝拳ジムに入ります。

2006年にプロデビューすると、2010年に日本バンタム級王座。2011年に初防衛。

2011年にWBC世界バンタム級王者になってから、先日のルイス・ネリ戦までの5年間、12回の防衛に成功してきました。

スポンサードリンク

2 山中慎介選手の家族は?

こんな、鬼のように強い山中選手ですがプライベートでは2012年に菊池沙也乃さんとご結婚されています。

菊池沙也乃さんは、沖縄・本部町の「ミス・さくら」に選ばれたこともある美人さんで、ベッキーさんに似ているらしいですね。

2011年の3月に交際を始め、その年の11月に山中選手は世界王者になっています。

まさに勝利の女神。

そして2012年。初防衛戦。

山中選手は「防衛に成功したら結婚してください」とプロポーズ。

見事防衛に成功し、結婚しました。

現在は、奥さんの菊池沙也乃さんとの間に2人の子供を授かり、2児の父としての顔も持っています。

スポンサードリンク

3 山中慎介選手のトレーナー誰?

さて、日本人最多防衛記録タイをかけた8月15日の対ルイス・ネリ戦。

誰もが防衛成功を信じて「山中選手は、どんなKOを見せてくれるんだろう?」と期待していました。

しかし結果は、セコンドによるタオル投入で4回TKO負け。

信じられない結果に、タオル投入したトレーナーに非難の声が上がりました。

所属する帝拳ジムの会長も「トレーナー個人の感情が入った。最悪のストップ」と、怒り交じりの発言。

さて、このトレーナーという人は、どのような人だったのでしょうか。

ネットで調べてみると、大和心(やまとしん)トレーナーなんですね。

大和心トレーナーは元プロボクサーで、第57代日本バンタム級王者、第24代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者など、選手としても輝かしい成績をおさめているトレーナーです。

さて、帝拳ジム会長の「トレーナー個人の感情が入った」という意味はなんなのでしょうか?

スポンサードリンク

4 大和心トレーナーの個人の感情とは?

実は大和トレーナー、担当した「辻昌建選手」を試合で亡くしていたんです。

2009年3月「日本ミニマム級王座決定戦」で辻選手は、対戦相手の金光選手と激しい打ち合いの末、ロープダウンでKO負けとなりました。

その直後に意識不明となり、病院での必死の治療もむなしく、急性硬膜下血腫でなくなりました。

そして、KO勝利した金光選手も同じく「急性硬膜下血腫」で現役を引退しました。

この時は、レフェリーの判断をはじめとするリスク管理に問題があったのでは?と指摘する声があがったそうですね。

こんな経験をしてる大和トレーナーだから、

二人三脚で頑張ってきた戦友である選手を目の前で亡くしてる大和トレーナーだからこそ、あのタイミングでタオルを投入したんですね。

これが、帝拳ジムの会長が言っている、「個人の感情」なのだと思われます。

辻昌建選手の名前は、山中選手のトランクスに名前が刻まれています。

スポンサードリンク

5 ルイス・ネリ戦のタオルはどうだったのか?

タオル投入を受けて、

記録保持者の具志堅さんは
「ちょっとタオルが早かったかな」

帝拳ジム会長は
「トレーナー個人の感情が入った。最悪
のストップ」

そして世界王者の竹原さんも

「率直に、自分が選手だったら『何で止
めるんだ?』となります。あれじゃあ、
(ボクシング)をやめたくてもやめられ
ないですよ。あんな負け方したら。(投
入は)早いです」

と仰っています。

やじはボクシング経験者ではないのですが、ボクシングを始めとする格闘技は大好きで、よく見ます。

そのうえで試合動画を見て「かなり効いているなぁ」という印象を受けました。

確かに、山中選手は後半に強い選手でしょうし、また、ダウンをとられてからの逆転勝利もある選手です。

あのままやっていたら経験値で勝る山中選手が勝っていた可能性もあります。

ただ、あのままTKOにならずにもっとたくさんのパンチを浴びていたら、最悪の場合、亡くした辻選手のようになっていないという保証もありません。

そうなんですよね。

どこまでいっても、可能性の話なんです。

日本中が山中選手が日本人最多防衛記録に並ぶことを期待している中で、勇気をもってタオルを投げる。

日本中を敵に回す可能性があり、なかなかできることではありません。

タオルを投げたというタイミングについて賛否両論はあるようですが、タオルを投げた勇気、トレーナーとして選手の人生を一番に考えた点は称賛されるべきもだと思います。

やじは、素直に尊敬しますね。

スポンサードリンク

6 やじまとめ

ということで、山中選手について調べました。

記録を残すって、確かにすごいことですよね。

山中選手の13連続防衛は、誰も疑っていなかったことだと思います。

山中選手は、プロボクサーになった先に何を見ているのでしょうか。

王者であり続け、ベルトを防衛し続けた先に、何を見ているのえしょうか。

今まで、周囲からの記録に対する見えないプレッシャーが相当きつかったことと思います。

そして、負けたことで、プレッシャーから解放されたことと思います。

やじが山中選手の奥さんや子供だったらきっとあのタオルにはほっとしたと思います。

もちろん、山中選手の13連続防衛への並々ならぬ闘志と、それに対する努力がハンパじゃなかったことは近くで見ていて、わかっていると思います。

だから、勝ってほしいという気持ちもあったと思います。

それでも。

家族は、無事に帰ってきてくれることを願うと思います。

大学時代も引退しようとしていて、最後が振るわなくてボクシングを続けた山中選手。

きっと、竹原選手が言う通り、このままでは引退されないと思います。

ルイス・ネリ選手との再戦と、ベルトの奪取を期待しながら、締めくくりとしたいと思います。

今度は、大和トレーナーを心配させることなく、完璧に勝ってください!

「神の左」をもう一度みれることを期待して、終わりにします。

それでは、最後までお読みいただきありがとございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています