渡瀬謙さんは内向的営業マン?経歴や本は?左利きあるあるが切ない…【マツコの知らない世界】

みなさんこんにちは、ヤジです。

さて、今日のマツコの知らない世界は、「変な生き物の世界」と「左利きの世界」の二本立てですね!

左利きの世界をプレゼンする渡瀬さんは、サイレントセールストレーナーという肩書きを持った方です。

どんな左利きあるあるが飛び出るのか、楽しみですね!

渡瀬さんについて色々と調べて見ました!

1 渡瀬謙さんの経歴は?
2 渡瀬謙さんが書いた書籍は?
3 左利きあるあるが切ない…
4 渡瀬謙さんがマツコの知らない世界に!
5 やじまとめ

どうぞご覧ください!

スポンサードリンク

1 渡瀬謙さんの経歴は?


出典:twitter.com

渡瀬謙
わたせけん
1962年うまれ
神奈川県出身
明治大学卒業
有限会社ピクトワークス 代表

渡瀬謙さんは子供の頃から内向的な性格だったそうですね。

口べたで人見知り、クラスで一番無口な子だったらしいです。

謙さんって名前は、謙遜や謙虚の謙さんですからね。

なまえの通りの方だったんですね。

明治大学を卒業後、精密測定機器メーカーに就職。

精密機器メーカーでは、営業部の名古屋支店営業部長を務めるほどの実力の持ち主だったようですね。

その後、あの営業で有名なリクルートに転職します。

リクルートへの転職は、さらなる高みを目指すための挑戦だったのかもしれませんね。

そこでなんと、超内向的な性格にも関わらず転職10ヵ月目にして全国の営業成績達成率でトップを達成されます!

それをきっかけに次章以降でご紹介するビジネス書をかくようになったそうです。

また、渡瀬謙さんは左利きのため、左利きの不便さを紹介した本も出しているそうですね笑

スポンサードリンク

2 渡瀬謙さんが書いた書籍は?

渡瀬謙さんは、数多くの書籍を出版されています。

トップセールスが絶対言わない営業の言葉 [ 渡瀬謙 ]

「内向型の自分を変えたい」と思ったら読む本 仕事・人間関係・人生が好転する! [ 渡瀬謙 ]

頼めない・叱れない・人間関係が苦手…… 内向型人間のリーダーシップにはコツがある (大和出版)
朝5分!読むだけで「会話力」がグッと上がる本

できる営業マン!と聞くと、とても口が達者で、話しが面白くて…というイメージを持たれる方が多いようですが、実は違うんですね。

そんな営業マンって、うるさいだけです笑

そうじゃなくて、寡黙な人で良いんです。無口な人で良いんです。

相手のニーズをちゃんと聞くために、むしろ、自分は相づちや質問くらいで、クライアントに喋らせるという人の方が求められます。

また、左利きに関する書籍も出していますね笑

悲しくも笑える左利きの人々

内向的であることや、左利きを自分のブランディングに使ってしまう当たりにセンスの良さを感じますね。。

スポンサードリンク

3 左利きあるあるが切ない…

右利きのやじから見ると、左利きって羨ましい対象でしかないのですが、左利きの人には左利きの人にしかわからない悩みがあるみたいですね…。

学校あるある

習字が書きづらい…

鉛筆で書くと手が真っ黒になる

はさみが使いづらい

まるの付け方が反対 笑

外食の時に…

スープバーのオタマが使いづらい!

カウンターに座った時に、となりの人とひじぶつかる

日常生活

銀行なんかに置いてあるチェーン付きボールペンが書きづらい…

自動販売機は右利きの人用にできている!

ドアノブが遠い(笑)

缶に入っている飲み物のプルタブが空けづらい…

やじは右利きなのですが、左利きって憧れるんですよね。

右脳人間で直感的思考やアーティスティックな才能にあふれているなどのイメージがあります。

それに、スポーツをするにしても、サウスポー、レフティーというだけでカッコいいですからね。

絵になるんですよね・・・。

やじの兄妹にも左利きがいますが、やっぱり、小さい時に矯正させられていましたね…。

学校でかわいそうだからっていう理由でしたね。習字の時間以外は左利きという、めちゃくちゃ器用な子になりましたけどね笑

スポンサードリンク

4 やじまとめ

左利きの人が右利きに矯正させられたのは、もう昔の話ですよね。

今は、左利きであることはステータスの時代です。

ただ、習字などで右を強制的に練習させられることで、右も使えるようになるので、それはそれで多くの天才左利きを輩出してきたのかもしれません笑

もう、文字を書く時代ではなくなってきていますからその内、左利きは羨ましがられる対象になりますね。

やじも今度生まれて来たら左利きの人生もいいなーって思いました!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています