雜賀慶二さん(東洋ライス社長)の経歴と発明は?健康には白米より金芽米!【カンブリア宮殿】

みなさんこんにちは、ヤジです!

さて今日は、米食文化の日本人として知っていなければならない人「東洋ライスの雑賀社長(さいか)」がカンブリア宮殿に出演されますので、ご紹介いたします。

お米の中に石が入っていないということ、洗わなくても炊ける無洗米があるということ、そして、白米のような食べ心地と玄米の栄養素を兼ね備えた金芽米があるということ。

これは全て、東洋ライスの雜賀(雑賀・さいか)社長のおかげなんですね。

1 雑賀慶二社長の経歴について
2 雑賀慶二社長の発明は?
3 金芽米の効能と優位点は?白米をやめて金芽米を!!
4 無洗米って洗ってある米じゃなかった!製造過程が素敵!
5 やじまとめ

調べたことをまとめましたので、どうぞ、ご覧くださいね。

スポンサードリンク

1 雑賀慶二社長の経歴について

出典:sankeibiz.jp

雑賀 慶二
さいか けいじ
昭和9年生まれ
和歌山県出身
和歌山市立城東中学校卒業
東洋ライス 社長

中学卒業と同時に、お爺さんが1916年に設立した精米機の修理販売業を営む「雑賀商店」で働き始められたそうですね。

お父さんもいらっしゃったそうですが、戦争の空襲ですべてを失ったショックで無気力になり、働かなくなってしまったそうです。

それでも、雑賀社長の5人のご家族は食べていかなければなりません。

15歳にして、一家の大黒柱として働かなければならなくなった雑賀さんは、日々、食料を調達するために、近くの川にウナギや鯉などの魚を獲りに行ったそうですね。

その時に、「多くの魚を捕るためには、他人と同じことをしていてはだめだ」、「どうしたら多く獲れるだろう…」と考えに考え、「魚の立場になって考えればいい」ということを悟られたそうです。

「商売で成功するためには、常に相手の立場で物事を考えることである」(『日刊ゲンダイ』2013年8月5日)

少年時代の魚獲りのとき、彼はどんな状態のときに魚はエサに食いつくのか、魚の立場で考えて、仕掛けの工夫、エサの工夫、仕掛ける場所の見定めなどを徹底して研究した。

そのかいあって彼は、中学生ながらも大人以上に多くの魚を獲った。魚が何を求めているか想像力を働かせ、調査して、アイデアを出し、技術と工夫の力で成果を収めたのだ。

出典:itmedia.co.jp

この時の経験が、後の成功につながっていきます。

雑賀社長は、戦国時代に鉄砲隊で名をはせた「雜賀衆」の末裔であり、探究性が旺盛で、手先が器用でした。

本業の精米機の修理でも、「どんな精米機でも直せないものはない」と言われるほど、頭角を現していきます。

ここから、どのように発明に至っていったのでしょうか?

スポンサードリンク

2 雑賀慶二社長の発明は?

雑賀社長は沢山の発明をされていますが、やじが考える特にすごい3つの発明とは、

 お米から石を取り除く『石抜き撰穀機』

 洗わなくても炊ける無洗米を実現する『BG無洗米機』

 栄養価豊富なお米『金芽米』

です。1つずつ見ていきましょう。

石抜き撰穀機

出典:toyo-rice.jp

今でこそお米に石が入っていないのは当然ですが、当時は、石が入っているのは当たり前でした。

取り除きたくても、米粒と同じ大きさの石を取り除くのは不可能でした。

雑賀社長は、大手のメーカーに「石を抜く機械を作ってほしい」と頼んだそうですが、「無理だ」と言われたそうです。

そこで自分で試行錯誤を重ね、26歳の時に「氷の天ぷらを作るよりも難しい」と言われていた『石抜き撰穀機』を開発されてます。

1960年に世界で初めて開発された『石抜き撰穀機』は飛ぶように売れ、米穀店の必須アイテムとなっていきました。

実は、この成功で得たお金で、SAIKAという、研究者を応援するための団体も組成されています。

BG無洗米機

出典:toyo-rice.jp

そして、雑賀社長の2つ目の発明が、1991年に開発された無洗米を実現する『BG無洗米機』です。

米のとぎ汁が環境汚染につながっているという観点から、洗わなくても食べられるお米はないか?と思われたことが、開発を始めるキッカケだったそうです。

一度は、米を洗って瞬時に乾かす方式の無洗米機を試みたそうですが、これでは結局コメのとぎ汁が発生することと、乾かした時にコメが割れてしまい、風味が落ちてしまうことかあら、コメの糠で糠をとる『BG無洗米機』を開発されています。

米ぬかで、米ぬかをとるというのは斬新なアイディアですが、当時、雑賀社長のズボンにチューインガムがくっついたときに、何でとってもとれなかったけれど、同じチューインガムで引っ張ってとったら、とれたという経験から出来上がったそうですね。

世の中に無洗米があるのは、雑賀社長のおかげなんですね。

金芽米

出典:toyo-rice.jp

そして第3の発明が金芽米です。金芽米は、玄米の栄養価と、白米の食べやすさを兼ね備えた奇跡のお米です。

タニタとコラボで売られていたり、日本全国、海外でも飛ぶように売れています。

日本人の主食であるお米ですが、白米を食べている方は、コメのかすを食べているといことに気付くべきですね。栄養価がそぎ落とされてしまっているのです。

戦時中も、日本兵が脚気に悩まされた時期がありました。この原因は、当時、細菌だと思われていたのですが、原因は、玄米食から白米食に変えたことにありました。

玄米には豊富だったビタミンBが、白米ではほとんどなくなってしまうがゆえに起こった悲劇だったんですね。

また、白米の、もう一つの悪い点として、「血糖値が急激に上がりすぎる」ということが言われています。

なんと!これが、糖尿病の原因になっているそうですね。ぜひぜひ、この記事を見てくださった方は、金芽米や玄米食に変えてくださいね。

このようにして、3つの画期的な発明をされた雑賀社長。

米を主食とする日本人としては、神のようにあがめなければならないお方なんですね。

スポンサードリンク

3 金芽米の効能と優位点は?

効能は他サイトでとてもよくまとまった記事がありましたので、お借りします。

「玄米からヌカを取ったものが白米ですが、米偏に白と書くとカス(粕)になります。ということは玄米の一番よい部分のヌカを取って、われわれはカスを食べているということです。

そこで白米のようにおいしく食べられ、なおかつ健康にもいいコメは創れないだろうかと長年、考え続けました。

その結果、ヌカの裏側に亜糊粉層があることがわかりました。

昔から『皮と実の間にいいものがある』といわれますが、体にいいのはヌカではなく、この亜糊紛層であることを、後年、科学的にもつきとめています。

しかし、ヌカと亜糊粉層は表裏一体のため、通常の精米法ではヌカを削るときに亜糊粉層も一緒に取られてしまいます。

そこで玄米の表面から少しずつヌカを取り除きつつ、亜糊粉層と金芽を残して精米する”均圧精米法”を考案しました。

この方法で精米されたコメをBG無洗米機にかけて、金芽米に仕上げるという仕組みです」

これが出来上がったのが2005年で、翌年からコメ卸会社などを通じて本格販売に乗り出した。

金芽米の特徴は、第一に「均圧精米法+BG無洗米機」によってつくられるため、「コシヒカリ」や「あきたこまち」など、どの品種も金芽米にして付加価値を高めることができること。

第二に白米に比べてビタミンB1・Eが約2倍、腸内環境を整えるマルトース(麦芽糖)が約60倍、オリゴ糖が約12倍も含まれていることだ。

出典:tkc.jp

こちらも。

 「香川大学医学部の稲川裕之准教授は、金芽米の亜糊粉層には優れたLPS(糖脂質)が多く含まれている。

そしてマクロファージ細胞は体内の死亡細胞や細菌、異物を貪食して排除する機能があり、免疫力や自然治癒力を向上させますが、このマクロファージ細胞を活性化させるのがLPSだとおしゃっています。

また、亜糊粉層を露出含有している金芽米には通常の精白米の約5.9倍のLPSがあってマクロファージ細胞を活性化しているとも述べておられます」

「そして脳組織にあるマクロファージは、アルツハイマーの原因であるアミロイドβを除去することや、金芽米には生活習慣病、感染症、認知症、ガン、アレルギーなどの疾患を予防する効果が期待できるともおっしゃっています」

「金芽米は美味しいだけではなく、栄養機能に優れ、健康にもよいということがしだいに消費者のみなさんに認知され、それが口コミで広がっているからだと私はみています」

出典:jacom.or.jp

健康志向が高まっている現代において、サプリメントを常用していたり、野菜を沢山食べたりしている方が多いと思います。

最近では、ダイエット会社のCMなどで、糖質制限によるローカーボンダイエットなんかも多く普及しています。

だけどですね・・・。

お米を食べて育った人が、お米を食べないで痩せても、

お米食べたらまた戻るんですよ?

リバウンドした芸能人だらけですよね。

そろそろ本質に気付いてもよいのでは?とやじは思ってしまいます。

そもそも、お米(糖質)を食べる=太るというのは、短絡的すぎて、的を射ていません。

お米を食べて太る本当の理由というのは、食べた後に、体がそれを消化・燃焼・吸収するための栄養素(ビタミンやミネラルなど)を一緒にとれていないことが原因なんだそうです。

なので、白米・パスタ・うどん・パンなどの精製された糖類というのは、燃焼のための栄養素をそがれてしまっているので、太る要素しかない。

それにプラスして、空腹時にいきなり糖質を取ることによる血糖値ストライク。これでは太って当然ですね。

でも本来、お米には栄養素があって、それを一緒に食べていれば、そんなに太らないそうです。

金芽米のように、お米本来の栄養素が損なわれていないお米を食べる分には、そこまで太らないはずですよ。

サプリメントよりも、金芽米ですね。

スポンサードリンク

4 無洗米って洗ってある米じゃなかった!製造過程が素敵!

上述の通り、ヤジは無洗米は、すでに工場で洗ってもらってあるお米だと思っていたのですが、違うんですね。

その製造過程が、東洋ライスのホームページ上で動画紹介されていましたので、どうぞ、ご覧くださいね!

こうしてできた無洗米が、これです!!

金芽米は、水の加減が、普通のお米とは少し違います。

それを適切に炊くためには、金芽米専用の計量カップが必要です。

ここでは、計量カップがついている金芽米をご紹介しています。

スポンサードリンク

5 やじまとめ

ということで、雑賀社長の経歴や発明、東洋ライスの無洗米、金芽米などについてみてきましたが、いかがでしたか?

ぜひ、白米を食べている人は、玄米をブレンドしてみたり、10分づきの白米を、5分づきのお米にしてみたり、金芽米にしてみたりと変えてみてくださいね。

嫌だ、白米がいい!という方は、金芽米であれば触感はそのままに、栄養が豊富なものに変えられますから、金芽米がおススメです。

どうしても、普通の白米を食べたい!という方は、お米から先に食べないで、野菜や肉類などで胃に緩衝材を敷いてから、精製された炭水化物(白米やパスタ、うどんなど)を食べた方が良いそうですよ。

そうすることで血糖値の急激な上昇を防げますし、炭水化物のとりすぎを防ぐこともできるそうです。

今は、男子テニスのジョコビッチ選手の著書などの影響もあり、世界的にグルテンフリーの食材を求める傾向にあります。

このチャンスをモノにして、小麦の牙城を、米粉で制圧してほしいと思います。

この記事を読んでくださった皆さんが、健康な人生を送られることを願いながら、結びとさせていただきます。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています