竹下栄吾さんの経歴と本業は?番組の裏情報や紹介された冷やし中華まとめ【マツコの知らない世界】

ピンク文字のところが、番組終了後に付け足したところです!

みなさんこんにちは、ヤジです!

今日は、6月20日放送のマツコの知らない世界で、冷やし中華の世界をプレゼンする竹下栄吾さんについて調べてみました。

結論から申し上げますと、ウェブ上には全く情報がありませんでした!

なので、番組を見て、記事をまとめたいと思います!

その状態で適当なことは書けないので、番組放送前の現時点では、残念ながらご紹介できません。

ただ、調べている過程で、番組の制作に関る面白い情報がありましたので載せておきますね!

1 竹下栄吾さんは何者?経歴は?
2 冷やし中華の世界、こんな人が打診されていた!
3 冷やし中華発祥の地と、冷やし中華好きが多い県は?
4 番組で紹介された冷やし中華は?
5 ヤジまとめ

調べたことをまとめましたので、どうぞ、ご覧くださいね!

スポンサードリンク

1 竹下栄吾さんは何者?経歴は?

出典:tbs.co.jp

竹下栄吾

たけしたえいご

44歳

神奈川県出身

東京都在住

職業:編集者

社会人になってすぐ位から冷やし中華を食べ歩き、20年位食べ続けている。

グルメ雑誌に冷やし中華情報がないことに憤怒

足を使って全国1500軒以上を回る

→ 冷やし中華には、虚無感しか感じない。

どこで食べてもはずれはない。冷やし中華特集に出ているお店はいつも同じ。

どこで食べてもとびぬけておいしいわけではない。

おいしいものを求め続けるためだけに食べ続けている。

冷やし中華の世界をマツコさんに紹介する竹下栄吾さんですが、ネット上に全く情報が見つかりませんでした。


服装に特徴があるなと思って調べてみたら、身につけているTシャツとニット帽のメーカーは分かりました。

TシャツはCathedral

ニット帽はMayhem

というバンドのものらしいですね。

ブランドの名前だと思っていましたが、読者様に教えていただきました。ありがとうございます。

この風貌と、CMでの言葉遣い、体の動かし方などから推測すると、多分、DJかラッパーなのかなとヤジは思いました。

でも!「DJ 冷やし中華」で調べても、近しい人はたくさん出てくるのですが、肝心な竹下さんは見つかりませんでした…。

なので、竹下栄吾さんの経歴は、番組の放送が終わったら、番組で紹介された内容を書きたいと思います!

それまでしばらくお待ちください!

せっかくお越しいただいたので、次の章を見ていってくださいね。

スポンサードリンク

2 冷やし中華の回には、こんな人が打診されていた!

今回、冷やし中華についてプレゼンされるのは竹下栄吾さんですが、実は、竹下さんに白羽の矢が経つ前に、こんな方に、出演の打診がいっていたんですね!

大崎裕史さん

出典:allabout.co.jp

日本ラーメンデータバンク取締役会長

日本ラーメン協会発起人の1人

日本一とラーメンを食べた男として雑誌やテレビに出演されている

でも、ラーメンなら即決で受けたけど、冷やし中華は年間5杯、冷やしラーメンを入れても年間20杯程度しか食べないということで、番組のために辞退されたそうです。

マツコの知らない世界に出演される方は、「変な人!」というくらい、その分野に没頭している人の方が面白いだろうということで、勇退されています。素晴らしいですね。

山本剛志さん

出典:mecicolle.gnavi.co.jp

2000年、テレビチャンピオン第6回ラーメン王決定戦の優勝者

「ラーマガ」共同責任編集者

オファーを受けたものの、冷やし中華は夏季限定だから、収録までにどれくらい紹介できるか…と言ったらなくなったそうです。

正直ですね。

こんな、ラーメン界の巨人2人でも、その特徴のなさからオファーを蹴ったマツコの知らない冷やし中華の世界。

では、どんな人が出てくるのでしょうか??

というか、そもそも、どんな風にして番組ができているのか、どんなところからその分野のプロフェッショナルを連れてくるのか、とても気になりますよね!

そしたら、こんな風に書いてありました。

まずは企画会議をして、内容を決める。

決めたら、有名無名に関わらず、その分野の第1人者を探してオファー。

その中で、熱を感じるマニアにオファー。

ということは、今回出てくる竹下さんは、冷やし中華熱が半端じゃないってことですね!

スポンサードリンク

3 冷やし中華発祥の地と、冷やし中華好きが多い県は?

Facebookの冷やし中華愛好会のページを見ると、冷やし中華発祥のお店と、冷やし中華好きの多い県のランキングが載っていました!

ご紹介します!

冷やし中華発祥の店については、2説あるそうですね。

まず1店舗目は、東京都神保町の揚子江菜館です。

揚子江菜館

東京都千代田区神田神保町1-11-3 神保町菊英ビル

揚子江菜館は、110年の歴史を持つ老舗なんだそうですね。明治38年に創業し、冷やし中華が生まれたのは、昭和8年とのことです。「雲を頂く富士山の四季」をイメージして作られたそうですね。

対して、仙台にある龍亭も、冷やし中華の元祖と謳っています。

龍亭

〒980-0012 仙台市青葉区錦町1-2-10

TEL.022-221-6377、FAX.022-221-6382

涼拌麺(リャンバンメン)、今から七十年以上も前、初めて世に出た冷やし中華はこう名付けられました。

当店「龍亭」の創業者四倉義雄の資料によると「昭和十二年、全国の業界に先駆けて、涼拌麺を開発し…」という記録が残されております。

当時の中華料理店では、現代とは違い冷房などもなく、油っこく熱いというイメージの中華料理は敬遠されがちで、夏場の売り上げ減はとても厳しく深刻なものでした。

そこで、暑い中でも食べて頂ける冷たい麺料理の開発に取り組んだのです。夏バテ防止に栄養のバランスを考え、野菜をふんだんに使い、食欲増進に酸味を加え、試行錯誤の末に考案されたのが《涼拌麺~冷やし中華》でございます。

以降、今では夏の風物詩となり、長きにわたり皆様に親しまれている冷やし中華。時代と共に代々受け継がれている職人の技、龍亭ならではの元祖の味を是非一度、ご賞味下さいませ。

出典:ryu-tei.jp

どちらも、すごく昔に、様々な想いから冷やし中華を開発されているんですね。

揚子江菜館が昭和8年、龍亭が昭和12年とおっしゃっていますので、時期としては、揚子江菜館が元祖ということになるんですかね。

でも、当時はネットもありませんから、周りになければ分かりませんよね!

だから、お互いに元祖です。きっと味も全然違ったんだと思いますね。

スポンサードリンク

4 番組で紹介された冷やし中華は?

番組で紹介された冷やし中華をここにまとめますね。

でも、フライングでツイッターやフェイスブックに載っているものがあったので、それをご紹介させていただきす!

1500店中、第5位!
東京都杉並区

2016年ランキング

 1位 馬賊(日暮里)→マツコさんが超通っていたとのこと!

 2位 ヨコハマグランドインターコンチネンタル 中華料理「かりゅう」

 3位 原宿 はしづめ

 4位 福しん(チェーン店)

 5位 千里眼(東北沢)

 6位 とことんラーメン(末広町)

 7位 香港料理 蘭(西永福)

 8位 慶楽(有楽町)

 9位 えのけんラーメン(南阿佐ヶ谷)

 10位 北京亭(神保町)

竹下さん、冷やし中華食べる時には、つゆから飲むんですね!

2017年
 5位 香港料理 蘭(西永福) 究極に普通な冷やし中華!

  冷やし中華842円 しょうゆベースのオーソドックス冷やし中華 

 4位 ラーメン千里眼(東北沢)

  量が多い冷やし中華 冷やし中華850円 客の7割が注文!トッピングにショウガがある!

3位 とことんラーメン
2位 馬賊
1位 ヨコハマグランドインターコンチネンタル 中華料理「かりゅう」

スポンサードリンク

5 ヤジまとめ

ということで、番組放送前の段階で冷やし中華についてちょっと詳しくなりましたね!

マツコの知らない世界の番組も、こうやって作られてるんだなーって、なんとなく分かりました。

確かに、出てくる人たちの濃さは半端じゃないですから、合点がいきますよね笑

あとは、番組を見て内容をまとめたいと思います!

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

6 番組終了後

冷やし中華には地域性がない。

冷やし中華のゴマダレはバンバンジーのタレ。

他のマニアが羨ましい!

 ・HDDレコーダーの自動録画が3件しかヒットしない。

 ・冷やし中華のブログをやっても誰もこない。

冷やし中華のインスタをやったら、フォロワー数が1

毎年味が違う店が多すぎる。昼と夜で具が変わっていて味が違う店が多すぎる。

具の使いまわしをしている。具を変えたとしても、店側はばれないと思っている。

夏場は月15万円冷やし中華に使っている

結論としては、冷やし中華はこのままでよいのでは?という結論で終わりました。

冷やし中華はじめましたとのぼりを出してもらえる食べ物が他にあるか?

ないという話になり、竹下さんみたいに研究を進めていく人は勧めていくで、今までの冷やし中華を求める人は求める人で、それで良いと思う。

ということでした。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています