瀧見サキさんの経歴は?家族の写真と女子力UPのキレイな靴の履き方も!【セブンルール】

こんにちは、やじです!

今日は、セブンルールに出演される瀧見サキさんについて調べました!

瀧見サキさんは、sakias(サキアス)という靴のブランドを展開されている、デザイナーさんですね。

ご結婚されていて、子育てに、仕事にと頑張っている姿が、7ルールの番組で特集されるみたいですね。

1 瀧見サキさんの経歴と年齢について!
2 瀧見サキさんのsakias(サキアス)の靴のご紹介!
3 瀧見サキさんが教えるキレイな靴の履き方は?
4 やじまとめ

調べたことをまとめましたので、どうぞ、ご覧くださいね!

スポンサードリンク

1 瀧見サキさんの経歴と年齢について!

出典:fujitv.co.jp

瀧見サキ
たきみ さき
1977年 40歳
シューズデザイナー

大学卒業と同時に、海外に留学されたそうですね。

帰国後に一般企業に就職するも、25歳の時に「痛くないハイヒールを作りたい」という一心で会社を辞めて、靴作りの専門学校に。

その後、「専門学校で学んだ伝統的な靴づくり」、「独学で学んだ解剖学」「シューフィッターの経験」の考え方を融合させ、2012年にご自身のブランドであるsakias(サキアス)を立ち上げられます。

プライベートでは、ご結婚されており、お子さんもいらっしゃいます。

ご主人はDJの瀧見憲司さんで、アンダーグラウンドヒーローと呼ばれているようです。


お子さんの写真もfacebookにアップされていますね。

出典:facebook.com

スポンサードリンク

2 瀧見サキさんのsakias(サキアス)の靴のご紹介!

瀧見サキさんの展開するブランドsakiasは、どのような経緯で、どのようなコンセプトで作られたものなんでしょうか。

調べてみると、瀧見さんのハイヒールに対する疑問からすべてが始まったようですね。

10万円の高価な靴を履いた日も、手頃なパンプスを履いた日も、どちらにしても足が痛くなりますよね。

デザインの違いはもちろん理解できるのですが、ハイヒールだけは、値段が高ければ痛くないという理屈が通らない。

その謎にはまってしまったのが2000年頃です。

出典:diastandard.com

これを解明するために、解剖学を自ら学ばれたり、ビルケンなどのコンフォートシューズの概念を研究したり、シューフィッターの資格を取得されたりと、理想の一足を作り出すために、とことん研究を続けられました。

そして出来上がったのがサキアスの第1号作品であるカトリーナ。

「カトリーナ」を履いて、自分自身で歩いてみたそうですね。

結果、なんと、こんなに歩いても、痛くならなかったそうです。

このような血の滲むような努力と、10年という歳月をかけて生み出されたのがサキアスという靴です。

出典:diastandard.com

このサキアス、解剖学やシューフィッターの観点を取り入れているだけあって、履いた人からは、「芝生の上を歩いているみたい」と呼ばれるほどの履き心地みたいですね。

スポンサードリンク

3 女性必見!瀧見サキさんが教えるキレイな靴の履き方とは?

瀧見サキさんの、お勧めの靴の履き方が紹介されていたので、シェアしたいと思います。

こんなにも細かいところまで配慮しているんですね。彼女の性格がうかがえます。

インタビュー後、「カトリーヌ」を試着させてくださいとお願いすると、さすがはシューフィッターといった身のこなしとトークで、履き方のアドバイスをしてくれた。

「足を組んで手で靴をはめると、履く時に頭がさがらないので血流も悪くならないし、何より、履く姿勢が美しく見えますよ」

足への負担軽減はもとより、履き姿、歩く姿のケアまで徹底する、美意識の高さ。

出典:diastandard.com

男性目線から見ても、靴を履くときに座ってガニマタで履いている人ととか、かかとを踏んで履いている人とかって、どんなにきれいでも萎えますよね…。

足を組んで履いたら、確かにカッコいいです!

さらに、頭に血が上らないという良い点もあるのであれば、もう、明日からはこうやって吐くしかないですね!!

合わせて、これも見ておいてくださいね。

女子力アップ間違いなしです!

スポンサードリンク

4 やじまとめ

やじは男なので、ハイヒールは履きませんが、母親のハイヒールを履いたことはあります。

といっても、そういう趣味があるわけではなくて、玄関から新聞を取りに外に出るときに、一番近くにおいてあったのがハイヒールだったというだけです笑

履いた瞬間から、痛くって、履き心地が悪かったことを覚えています。

女性って、ハイヒールを履いている時はとてもキレイなんですが、部屋にいるときに、「なんだこの足!」って引く時があります。

それは、足の形がヤバいんですよね…。

ハイヒールと同じ形のとがったつま先になっているんですよね…。

そう、外反母趾です。

ハイヒール履かなきゃいいじゃんって思うのですが、やはり、美を追求する女性にとっては必須アイテムですよね。

瀧見さんのsakias(サキアス)を、やじ母にも買ってあげたいなと思いました。

靴はとても大切ですからね。
健康のためにも、プレゼントしてあげたいと思いました。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています