小野真広(出張うどん職人)の職業観が現代的!経歴や注文や動画も!【U29】

こんにちは、やじです!

さて、今日はU29で取り上げられるうどんアーティストで白麺士の小野真広さんについて調べました!

出張うどん職人って、新しいですよね!

どんな人なんだろう?と思って調べてみたら・・本格的ですよこれ。

1 小野真広さんの経歴は?
2 小野真広さんを見られる動画集!
3 小野真広さんのうどんが食べたい!どうしたらいい?
4 小野真広さんの職業観が現代的!
5 やじまとめ

調べたことをまとめましたので、どうぞ、ご覧ください!!

スポンサードリンク

1 小野真広さんの経歴は?


出典:hakumenshi.com

小野真広
(小野ウどん)
平成元年うまれ
福岡県出身愛媛育ち
中京大学卒業
出張うどん職人
白麺士 うどんアーティスト

小野さんは、名古屋の中京大学を出て、東京で就職されたそうですが、労働環境の良い会社ではなかったそうですぐに退職。

その後、うどん修行の道に入られたそうですね。
讃岐うどん直白、谷や、はなまるうどんや丸亀製麺などで働き、うどんについて学ばれたそうです。

現在では、自らを白麺士、うどんアーティストと名乗り、全国各地を飛び回りイベントなどでうどん打ちを披露されています。

家を持たずに車上で暮らしているそうですね。

現在は、ニューヨーク遠征を目指して映像を作成したり、「小野ウどん基金」でクラウドファンディングするなど、着々と準備をすすめています。

ちなみにこの「小野ウどん基金」への寄付ですが、1万円の寄付で試写会とうどん会への招待(随時開催予定)。

そして、20万円寄付すると、「試写会へのご招待、スタッフロールへの名前記載、家まで行ってうどん打ちます」というスペシャルな特典がついています。

スポンサードリンク

2 小野真広さんを見られる動画集!

なかなか面白いパフォーマンスをされてます。

一度見る価値はありますよ!

うどん自体が「和」ですからね。三味線の音楽にのせてのパフォーマンスは、まさに和の海外輸出。ぜひ、成功させてもらいたいですね。

ただ…。

せっかく日本の文化をニューヨークに持っていくわけですから、金髪に眼鏡ではなく、まさに日本風!という外見で行ってもらえたらもっと良いと思うのは私だけでしょうか・・。

でもそれは古い昭和のおじさんの考えなんですかね・・。

スポンサードリンク

3 小野真広さんのうどんが食べたい!どうしたらいい?

出張うどん職人ですから、呼ぶことができます。

金額や詳細についてご紹介します。

イベントで呼びたい方向けの情報と、少ない人数のところに予備隊!という方向けの2パターンをご紹介します。

イベントで呼びたい

料金
¥50,000
出演料、うどん20玉(1玉200g)、各機材
+¥10,000で10玉ずつ追加可能

他の食事がある場合2-3人で1玉食べる計算で40-60人のイベントにも対応しております。基本的に大皿での提供になるのでクローズのイベント向きですが、クラブイベントなど不特定多数参加のイベントにも対応できますので気軽にご相談ください。

ご用意いただくもの
1.打つスペース
・150×150cmあれば可能
・粉が多少舞っても大丈夫かどうか
※敷き物の用意があるので基本的には床にほとんど舞いません。

2.水道&シンク
・40×40cmあれば可能

3.ガスコンロ
orその場所がカセットコンロを使用可能(IHだと火力上厳しいです)

4.器、箸(人数によっては大皿のみこちらで用意します)
茶碗より少し大きめくらい、基本的に醤油うどんですので紙皿可能

その他
音響設備があるとより迫力がでます。
なくても基本的に全てこちらで用意できます。

出張費(東京都無料)
¥20,000 千葉、埼玉、神奈川
¥30,000 群馬、栃木、茨城
¥40,000 山梨、長野、静岡、愛知、岐阜、富山、石川、福井、新潟
¥50,000 福島、宮城、山形、秋田、岩手、滋賀、三重、京都、大阪、和歌山、奈良、兵庫
¥60,000 鳥取、岡山、広島、島根、山口、愛媛、高知、徳島、香川
¥70,000 福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島
¥80,000 北海道、沖縄
​海外 応相談

出典:hakumenshi.com

呼びたいけれど、ここまで大掛かりなイベントはひらけない…という方は、こんなプランもあります。

少人数で呼びたい!

ご家庭のキッチンを使用し、職人技にてうどんを手打ち手切りで仕上げ、茹で盛り提供します。
パフォーマンスに向かないご自宅やカフェなどのスペースで「食べる」事に特化。

料金
¥10,000
出演費、うどん10玉(1玉200g)

例えば5人の宅飲みで全て食べきれない時など、生麺をお渡しし茹で方等も教えますので量が多くて困る心配はございません。

ご用意いただくもの
1.キッチン
ご家庭にあるものなら大小問いません。

2.ガスコンロ
orその場所がカセットコンロを使用可能(IHだと火力上厳しいです)

3.器、箸
茶碗より少し大きめくらい、基本的に醤油うどんですので紙皿可能

出張費(現在関東のみ)
¥3,000 東京23区内
¥5,000 東京23区外
¥10,000 千葉、埼玉、神奈川
¥20,000 群馬、茨城、栃木

※駐車場代
ご自宅前など軽自動車が停められる場所をご用意いただければ無料です。なければ近くのコインパーキングなどに停め、後ほど請求させていただきます。

出典:hakumenshi.com

東京都23区内であれば、13,000円で呼べます!

インスタで話題になる事間違いなしですから、呼んでみるのもいいですね!

スポンサードリンク

4 小野真広さんの職業観が現代的!

小野さんの「白麺士」のホームページで、小野ウどん映画(予告編)を見ることができるのですが、考え方が現代的だなって思ったのでご紹介させていただきます。

考え方は現代的なのですが、言っていることは至極全うです。

※1分30秒位からです

その生き方に不安はない?という自らの問いに、

「変化していかないことに不安を覚える」
「その時の安定は、その時の安定でしかない」
「留まっているということに不安を覚える」

とおっしゃっています。

また、「好きな事だけで生きられるか?」という問いには、

「食っていけるかどうかは最初に考えることじゃない」
「食うためだけの仕事っていうのは、しんどいですよね」
「やりたいことさえ見つかれば、やり方次第で食っていけると思う」
「なんとかなる」

こんな風に仰っています。

やじは、この考え方には100%賛同します。でも、自分にはできていないので、とても小野さんのことをとてもすごいなぁとも思います。

やじのような昭和生まれの人々からは「甘いな、若いな、世間がわかってないな」なんていう声が聞こえてきそうですが、時代が違うのかもしれませんね。

ひとりひとりが食うためだけに仕事をしていたら、そこから生まれれるサービスやモノのクオリティには限界があります。

対して、好きでやっている、こだわりをもってやっているという人が提供するそれは、常に進化し続けます。

もちろん、机上の空論的な側面があるものわかりますし、誰もがそれをできるわけではありませんが、それを目指すことはとても良いことだと思いますね。

ただ、ある程度の年齢で、ある程度の収入がないと、家族がつくれないというのも現実。

まさに、小野さんの仰っている通り「やりかた次第」では両立も可能ということなんでしょうね。

スポンサードリンク

5 やじまとめ

最近の若い人には、多くのことを気づかされますね。

確かに、もう昔とは違いますよね。ちなみに、やじは認めたくはないのですが、昭和組で、「最近の若い者は…」なんて言ってしまう人です…。

会社にいくら尽くしても、会社自体がなくなる可能性が大いにある、終身雇用を前提としない現代において「会社のために尽くす」「会社の中で出世する、地位を得る」ということがいかにナンセンスなことかを若い人は知っているんだと思います。

もちろん、「会社のために尽くすこと」、「会社は自分が引っ張っていくんだ!という意識」が自分自身を成長させてくれることは間違いないのですが、「会社に尽くす」という名の「会社に依存する、会社にしがみつく」というのはナンセンスですね。「会社の看板を借りて、自分を鍛える」というなら良いと思うんですけどね。

その意味で、小野さんのように0から始めて自らの商品価値を上げていくことがとても重要なんだと思います。

小野さんには、ぜひ実績を残してほしいですね。

すでに、U29で取り上げられるくらい成績を残しているわけですから、もっともっと大きく成長して、やじのようなおじさんたちに良い意味でぎゃふんと言わせてください!

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています