岡崎慎司選手の結婚や子供や兄妹は?強靭な筋肉の秘訣は母のアムウェイ?【プロフェッショナル】

こんにちは、ヤジです!

さて、今日のプロフェッショナル仕事の流儀は、レスターに所属していて、日本代表でもある「岡崎慎司選手」に密着ですね!

やじは、昔サッカーをしていた時期もあったのですが、岡崎選手のプレイはありえないという感じでしたね。とにかく、最後まで頑張る選手なんですよね。泥臭いし。

その強靭な肉体はどうやってできたのか?を調べたら、アムウェイというキーワードが見つかりました!

1 岡崎慎司選手の経歴をざっくりと
2 岡崎慎司選手の結婚や子供は?
3 岡崎慎司選手はお兄さんと似すぎ!
4 岡崎慎司選手の強靭な筋肉はアムウェイで?
5 やじまとめ

調べたことをまとめましたので、どうぞ、ご覧くださいね!

スポンサードリンク

1 岡崎慎司選手の経歴をざっくりと

出典:ameblo.jp

岡崎慎司 おかざきしんじ
1986年4月16日生まれ
兵庫県宝塚市出身
レスターシティ所属

もう、超のつく有名人ですから、細かい経歴は省きますが、現在、プレミアリーグのレスターシティに所属している、日本代表のサッカー選手です。

小学校2年生の時にサッカーを始め、中学では県選抜に選ばれるなど頭角を現していきます。

中学卒業後は、地元のサッカーの強豪高校、「滝川第二高校」に入り、1年生からレギュラーを獲得し、2歳年上のお兄さんとツートップを組んでベスト4に入ったり、3年時にはレギュラーを務めるなど、大活躍されます。

高校卒業後のプロ経歴と実績は次の通りです。

2005年~2010年 Jリーグ 『清水エスパルス』

2011年~2013年 ドイツブンデスリーガ 『VFBシュトゥットガルト』

2013年~2015年 ドイツブンデスリーガ 『FSVマインツ』

2015年~ イングランド プレミアリーグ『レスター・シティ』

2008年からは、日本のA代表に定着し、誰でも知っている有名選手になっています。

スポンサードリンク

2 岡崎慎司選手の結婚や子供は?

そんな岡崎選手ですが、サッカーの話題ばかりで、プライベートの方があんまり話題になりませんが、実はご結婚されていて、お子さんまでいらっしゃいました!

出典:al-sportings.com

奥さんは、とてもキレイな方で、モデルさんなのかな?って思うくらいですね。

奥さんは、夢美さんといい、5歳年上なんだそうです。
2008年の7月、岡崎選手が22歳の時にご入籍されているそうです。

現在は、お子さんが2人いらっしゃるそうですね。

さすがストライカー。
プライベートでもしっかりとゴールを決めていますね!

3 岡崎慎司選手はお兄さんと似すぎ!

岡崎選手について調べていたら、とても気になる写真が出てきました!

それがお兄さんの岡﨑嵩弘さんの写真です。

出典:ameblo.jp

似すぎています 笑

この二人が、滝川第二高校時代にツートップを組んでいたんだとしたら、マーク付きずらいですね笑

お兄さんは、高校卒業後、大学でサッカーを続けて、卒業後はパラグアイでサッカーをされていたそうですね。

本当に、サッカーが好きなんですね!

スポンサードリンク

4 岡崎慎司選手の強靭な筋肉はアムウェイで?

岡崎選手のお母さんは、アムウェイをしていることで有名らしいですね。

アムウェイと言えば、プロテインやビタミン、浄水器から食器用洗剤などに至るまで、ハイクオリティな商品を扱う会社ですね。

ただ、一般的なお店で商品を販売しているわけではなくて、ネットワークビジネスと呼ばれる手法で販売していることで有名です。

日本では、お金に目がくらんだ販売員の肩が、無理やり自分の下の人に買わせたりということが問題視され、ネズミ講といえばアムウェイと言われる位、社会問題になりましたね。

それは、それ、商品は商品ということで、しっかりと冷静に商品だけ見てみれば、他の企業が太刀打ちできないような商品を多く扱っています。

岡崎選手のお母さんは、アムウェイで成功されている方ですから、当然、岡崎選手もアムウェイの製品の中で育ったことと思います。

詳しくないのですが、ホームページなどによると、『トリプルX』と呼ばれるビタミンやミネラルの栄養素と、『プロテイン』がベースになっているみたいですね。


岡崎選手の肉体はすごいですから、こうなれるんだったら、アムウェイ製品を使ってみてもいいかもしれませんね!

でも、面倒な販売員は嫌なので、アマゾンや楽天で買ったら良いかもしれません 笑

スポンサードリンク

5 やじまとめ

ということで、プロフェッショナルでは、最近伸び悩んでいる岡崎選手に密着するようですね。

やじは詳しくはないのですが、レスターで優勝した時の岡崎選手は、チームのために一心不乱になって貢献する姿勢が強かったことを覚えています。

その後、ニュースか番組に出演されていたときに拝見して思ったのは、「我がかなり強くでてきてしまっているな」ということでした。

監督の方針が理解できない、俺のサッカーで点を獲ってやる、的な、そんな印象をうけましたね。(プロだから当然、結果を残すために、そういった気概も必要なのかもしれませんが…)

今、日本代表で出ている他の海外組の皆さんで伸び悩んでいる人もそうなのかもしれませんが、海外にいって活躍していたころというのは、貢献意識の塊だった気がしませんか?

それが、海外でやれる自信がついてきて、前回のワールドカップでは「優勝する」という言葉が出てきたように、自分の強みを冷静に見れなくなっているのかもしれません。

日本人の良いところは、チームに対する貢献意識の強さだとヤジは思います。

なので、原点にかえって、チームに求められていることは何なのか?今よりももっとチームのためになるためには、何が必要なのか?何をすべきなのか?を再度考えて、プレーしてほしいですね。

それでは、放送を楽しみにしましょう!最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています