栗原菜緒さんの経歴は?ナオランジェリー銀座サロンで女性力UP【セブンルール】

こんばんは、やじです!

今日のセブンルールにはナオランジェリーを立ち上げた栗原菜緒さんが出演されます。

やじは、女性の下着と言えばワコールやアモスタイル、ピーチジョンなどをすぐに思い浮かべます。

全国展開していて、大手ショッピングモールや路面店なども持っている大手ですよね。

栗原菜緒さんは、この大手がひしめく中に、単身で殴りこんだってことですよね…。

1 栗原菜緒さんの経歴は?
2 栗原菜緒さんのナオランジェリーの特徴や金額は?
3 ナオランジェリー銀座フィッティングルームで女性の魅力UP
4 女性の本当の美しさ
5 やじまとめ

調べたことをまとめましたので、どうぞ、ご覧ください!

スポンサードリンク

1 栗原菜緒さんの経歴は?

出典:twitter.com

栗原菜緒
くりはらなお
1984年生まれ 33歳
学習院大学卒業
NAOLINGERIE(ナオランジェリー)

「日本を世界にアピールできる国にしたい!」

「いつかは世界を変えるような仕事をしたい!」

という気持ちから、大学時代は政治学を専攻したり、米国に留学して日米関係を学んだりされたそうです。

学習院大学卒業後、外交官を目指し非常勤公務員として外務省で勤務。

しかし、次第に外務省で何かを変えることはできないことに気付き、退職。

その時に、好きなことを仕事にしたらよいというアドバイスを受け、好きだったワインとランジェリーを思い立ったそうですね。

まずはワインショップでアルバイト。しかし、自分はワインを飲む方が向いているなと思ったそうです。

次に、ランジェリーショップのフィッターとして勤務。楽しかったそうなのですが、自信を持って売ることができなかったため、「いつか自分でブランドを立ち上げたいので、勉強のために退職します」と言って退職。

その後、コンサルティング会社に転職し、経営、マーケティング、流通、プロモーションなどの業務に関わり、28歳で一念発起してランジェリーデザインのためにミラノへ短期留学。

2013年にランジェリーを作成され、ブランドを立ち上げ。

2016年には、文化庁から「日本遺産専門家」として認定されています。日本文化や歴史、工芸等において前職での経験や生地を探して日本各地を回り見てきたことから、認定されたそうですね。

現在では、デザイナーとして活動の幅を広げておられます。

行動力の塊のような人ですね。バイタリティにあふれています。

スポンサードリンク

2 栗原菜緒さんのナオランジェリーの特徴や金額は?

ナオランジェリーは、“深い思いやりこそが最も美しいもの”、「品と知性のある官能」をメインテーマにしているそうです。

ブランドの展開において、次の5つのこだわりを持っています。

1 日本の素材
2 パターンフィッティング
3 デザイン
4 縫製
5 ナオランジェリーモデル

出典:naolingerie.com

価格帯ですが、ショーツが5~6千円程度。
ブラジャーが1万5千円~1万8千円程度。

美しいものから、シンプルなものまで、色々ですね。

やじは男性なので詳しくはわかりませんが、日本のランジェリーは、サイズがとても多くて、締め上げるというか機能性に富んでいるそうですね。

対して、海外のランジェリーはファッション性が先行してるそうです。

ナオランジェリーは、その両方を兼ね備えたブランドだと言えるそうです。

全部、ナオランジェリーでそろえるというのは、社会人にならないと無理そうですね…。

でも、勝負下着くらいは、こんな下着を持っていても良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

3 ナオランジェリー銀座フィッティングルームで女性の魅力UP

ナオランジェリーは、銀座でプライベートサロンを運営されているそうです。

お胸やブラジャーのこと、お気軽にご相談ください

デザイナーが世界中から集めたアンティーク調度品や美しい写真集、ランジェリーに関する書籍に囲まれた空間で、ゆっくりお茶を飲みながら、毎日の忙しい時間や都会の喧騒から解き放たれ、ご自身のお身体や心にしっかり向き合っていただけると嬉しいです。
私達はお客様と長いお付き合いをしていきたいと思っています。体調の良い時も優れない時も、体重の増減が激しい時も、どんな時も皆さんの人生と心と体に寄り添っていきたいと強く願っていますので、お客様の気持ちの良い範囲でご相談くださいませ。

出典:naolingerie.com

ナオランジェリーのフィッティングだけでなく女性を高めるといか、女性に目覚めるというか、女性に気付くというか、そんな勉強会などもされているそうですね。

銀座サロンでは、女性のための体のことや、ヨガの講座など、色々な取り組みがされています。

美を意識する女性だったら、一度は行ってみたいですね。

スポンサードリンク

4 女性の本当の美しさ

ナオランジェリーのデザイナー、栗原菜緒さん。

失礼かもしれませんが、お世辞にも、今はやりの、腹筋バキバキとか、超痩せているという感じの方ではないですよね。

柔らかさが見た目に出ているというか、間違いなくランジェリー映えしそうな女性の魅力があるとヤジは思いました。

栗原菜緒さんは、中学生の時に「下着姿の自分がきれいだな」と思ったそうですが、確かに、女性の曲線美ってとても美しいです。

昔も今も、女性の美しさって「曲線美」にあると思います。

化粧がどうのこうのとか、ファッションがどうのこうのではない、健やかでない面から出る気品を兼ね備えた雰囲気と曲線美。

これが一番の美しさなんだと、やじは思っています。

モナリザも、ミロのヴィーナスも、みんな曲線美。

ダイエットブームや腹筋バキバキブームも勝手にどうぞって感じですが、女性の美しさは、その曲線美にあります。

そろそろ本質を分かって、曲線美ブームが来てもいいと思うのですが…。

スポンサードリンク

5 やじまとめ

ということで、セブンルールに出演される栗原菜緒さんについて調べてみました。

男性と女性。

ひと昔前までは男尊女卑の傾向もあり、また、社会での女性の地位も低かったです。

でも今は、大きく変わろうとしていますよね。

男にしかできないことがあり、女にしかできなこともある。

だから男に勝とうとか、女に勝とうとか、そんなの関係ない。

お互いの長所を生かしあいながら、男は男を磨き、女性は女性を磨く。

お互いが魅力的になれば、もっと若い人同士が結婚して、子供も増えるのでは?

って、そんなに簡単な話ではないかもしれませんね 笑

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています