横綱稀勢の里の年収と両親の職業は?日本人新横綱が横綱初場所優勝!

こんにちは、ヤジです!

さて、横綱稀勢の里、やってくれましたね!

2場所連続の優勝。

さらに、新横綱として初めて臨んだ場所で、負傷しているにも関わらず、休まずに優勝されました!

横綱昇進について、「日本人だからか?」「基準が甘くないか?」など、色々と言われてきましたが、それらを蹴散らすだけのインパクトを持った優勝だと思います!

本当にすごいことです!

男として、本当にカッコいいですね。

横綱稀勢の里について、疑問に思ったことをざっくり調べましたので、ご覧ください。

スポンサードリンク

横綱稀勢の里のプロフィール

出典:日本相撲協会

稀勢の里 寛
きせのさと ゆたか
本名 萩原寛
昭和61年7月3日生まれ
187cm 175kg
茨城県牛久市 出身
横綱
田子ノ浦部屋 所属

昭和61年の1986年生まれなんですね。

茨城県の牛久市と言えば、牛久の大仏があり、最近では近くにアウトレットモールなんかもできているところですね。

中学卒業と同時に角界入りして、15年以上かけて、しっかりと実績を積みながら横綱まで上り詰めた、努力の人ですね。

スポンサードリンク

新横綱での優勝は貴乃花ぶりの快挙!

2場所連続優勝というのもとてつもなくスゴイことですが、よく聞く話ではあります。

事実、横綱白鵬も2場所連続優勝はありましたよね。

しかし、横綱昇進後初めての場所で優勝するというのは横綱貴乃花以来、22年ぶりの快挙なんです!

また、この新横綱での優勝は、過去に3人しか達成したことがないすごいことで、横綱稀勢の里が4人目です。

好成績を残して、横綱の仲間入りをする。
そして、注目されてライバル視されている横綱として臨んだ初めての場所で優勝するなんて、並大抵のことではありません。

横綱昇格について色々な意見がありましたが、それらの意見をねじ伏せた形になりましたね!

本当にカッコいい!すごいことです。

スポンサードリンク

稀勢の里のご両親の職業はなに?

子育て中の私にとって、「子供を相撲取りにできるご両親って、どんな仕事をしていて、どれくらいの年収がある人なんだろう?」というのは、とても気になる話なので、調べてみました。

稀勢の里のご両親


出典:朝日新聞デジタル

お父さんの萩原貞彦さんは、アマチュアボクサーをされていたそうです。仕事は自営業をしていたという噂と会社員だったという噂があるようですね。

ただ、メチャクチャ裕福だったとか、派手な生活だったとか、そういうわけではなさそうです。

普通の家庭から横綱まで上り詰めたようですね。

お金をかけることだけが教育ではなく、ご両親の習慣の教育や、ご本人の性格、家にサンドバックがあったなどの環境が、横綱稀勢の里を育んだんですね。

横綱稀勢の里は中学卒業と同時に、相撲取りになることを覚悟し、角界入りしていますから、今時珍しい、一本筋の通った男です。

横綱稀勢の里の年収はどうなる?

横綱になると、月給282万円が支払われ、さらに、年間2か月分のボーナスが上乗せされるそうです。
さらに、優勝の賞金やCMやTV出演などもありますから、年収としては半端じゃない金額になりそうですね。

優勝すれば最低でも5千万円?6千万円?通常では3500万円前後みたいですが、優勝したりCMに出た場合には、予想もつきません・・・。

スポンサードリンク

まとめ

横綱稀勢の里は、長いこと日本人の横綱がいない相撲界で久しぶりに出てきた日本人出身の横綱です。

勿論、横綱白鵬も横綱日馬富士も、横綱鶴竜も、素晴らしい力士です。

今の角界を背負っていることは間違いありません。

しかし、日本の国技でもある相撲の世界に、日本人のトップ横綱がいないというのも国民感情としてさみしいものがありますよね。

他の横綱のみなさんも同じように素晴らしいのです。

ただ、これは日本人としての、どうしようもない国民感情のようなものがありますよね。

これからも、日本人力士の要として、素晴らしい戦いを繰り広げていただきたいと思います!

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています