芝田冬樹(叶匠壽庵)の銘菓『あも』が旨い!通販も【カンブリア宮殿】

こんにちは、やじです!

2017年4月20日の『カンブリア宮殿』に、滋賀県大津市の和菓子メーカー『叶 匠壽庵(かのうしょうじゅあん)』の3代目社長「芝田 冬樹」さんが出演されますね!

実は、やじの義理の母が和菓子に目がないのです…!

なので、1ヵ月に1度くらい、近くの和菓子屋さんで『あんこ』を『小豆』で包んでいる「大納言」や、「うぐいす」などを買って行きます。

やじ自身は、羊羹が大好きなので、芋ようかんや栗ようかんなどを好んで食べます。

ということで、今回のカンブリア宮殿での叶匠壽庵の特集とっても楽しみですね!

自分で気になったことを、書いておきましたのでシェアします!

1 叶匠壽庵について

2 叶匠壽庵社長の芝田冬樹さんについて

3 叶匠壽庵の代表銘菓『あも』をご紹介!

4 叶匠壽庵の代表銘菓『あも』の通販はこちらから!

5 叶匠壽庵の芝田冬樹さんがカンブリア宮殿に!

6 やじまとめ

それでは、いってみましょう!

スポンサードリンク

1 叶匠壽庵について

出典:叶 匠壽庵HP

叶匠壽庵の創業は1958年(昭和33年)で、現在59年目の滋賀県の和菓子メーカーです。

大津市の公務員だった創業者の芝田清次さんが自宅を工場として和菓子作りを始めたのがキッカケです。

叶匠壽庵は創業59年の歴史があるというと、とても長い気がします。

しかし、和菓子の世界では、100年以上の歴史を持つ老舗メーカーも多いので、まだまだ老舗ではないようですね。

自宅から始まった叶匠壽庵の和菓子作りですが、現在では、全国80店舗以上の百貨店に出店しており、年商64億円、従業員数も620名を超えるまでに成長しています。

まさに、『garage of dreams』の世界で、すごいですね。

また、有名になっていった経緯もすごくて、松下幸之助の奥様や、皇后陛下である美智子様のお母様が気に入ってお茶会で使い始めてから、有名になっていったそうですね。

スポンサードリンク

2 叶匠壽庵社長の芝田冬樹さんについて

創業者である初代社長が芝田清次さん

叶匠壽庵がカンブリア宮殿に!急成長の秘密は創業者の人柄にあった?!

長男である2代目社長の芝田清邦さん

そのお嬢さんのお婿さん(娘婿)である3代目社長の芝田冬樹さん

3代目 芝田冬樹社長

出典:テレビ東京公式サイト

このように、叶匠壽庵の歴史は受け継がれています。

叶匠壽庵の創業者の芝田清次さんは、人格者でマジメ一辺倒な人だったようですね。

私はそのエピソードを聞いて、大好きになってしまいました。

叶匠壽庵がカンブリア宮殿に!急成長の秘密は創業者の人柄にあった?

そして、その創業者の長男である2代目清邦さんも、負けず劣らずの人格者だったそうです。

そして、3代目を継いでいる芝田冬樹さんは、勿論人格者であり、とてもやり手で、和菓子の枠にはおさまらない大きな戦略を持っていらっしゃるそうです。

その戦略、経営手腕が今夜のカンブリア宮殿で聞けるはずですね。

3代目の芝田冬樹社長のプレッシャーというか、決意って、半端じゃないと思います。

代々親子で継いできた和菓子店を、血のつながりのない自分が継ぐ。

そのプレッシャーの中で、カンブリア宮殿に特集されるまでの成果を出されている訳ですから、本当に凄い人なんだと思います。

顔つきが、和菓子屋さんの顔つきではありません。

キリリと引き締まった、責任と覚悟と野心を兼ね備えた、若き経営者の顔をしている——

やじには、そんな風に見えました。

スポンサードリンク

3 叶匠壽庵の代表銘菓『あも』をご紹介!

叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)では、季節の旬や、彩り豊かなたくさんの和菓子を作っていますが、創業当時からの代表的な銘菓が『あも』と呼ばれる、おもちを小豆で包んだ和菓子になります。

出典:叶 匠壽庵HP

代表銘菓『あも』には特別な思い入れがあって、素材から製造にいたるまで、こだわりだらけになっています。

出典:叶 匠壽庵HP

代表銘菓『あも』の材料である、『小豆』と『お餅』の両方を見て行きたいと思います。

【小豆】

素材は、『兵庫県丹波ひかみ産「春日大納言」』を使っています。

粒が煮崩れせずにふっくらと炊きあがる、「あも」にあう小豆です。

その春日大納言を、粒をつぶさないように手炊きしていきます。

手で炊くことに拘っています。

この小豆の手炊きですが、熟練した職人が、小豆の状態を見ながら、

「いいかげん」の状態を見極めます。

この「いいかげん」を職人から職人へ、創業以来、引き継がれています。

【お餅】

職人さんが作るお餅は、赤ちゃんの肌のようにつるつるとした表情があり思わず触りたくなるようなきめ細やかさがあります。

この2つの最高の素材から、最高の『あも』が出来上がるんですね。

スポンサードリンク

4 代表銘菓『あも』の通販はこちらから!

店舗の直接の通販もありますし、楽天市場でも購入することができます。

店舗ホームページの通販はこちら

楽天市場から購入する方はこちら
〈叶 匠壽庵〉あも箱入り-[A]glm【RCP】_Y160928100101_0_0_0

5 芝田冬樹さんがカンブリア宮殿に!

そんな叶匠壽庵3代目の芝田冬樹社長がカンブリア宮殿に出演されます!

「和菓子を通じて日本文化の素晴らしさを後世に残していきたい」

という熱い経営方針などが語られるそうですので、必見ですね。

また、本社の寿長生の郷(すないのさと)の現在、過去そして未来が紹介されるそうです。

裏事情や想いなんかを知ると、そこで作られた和菓子の味の楽しみ方に幅が広がりますよね!

スポンサードリンク

6 やじまとめ

こだわりの和菓子って、素敵ですよね。

日本渋い緑茶とベストマッチで、見て楽しんで、その鮮やかさに季節を感じ—

と、下手な食レポはこのくらいにしておきますが、日本の伝統文化だと思います。

今は、和菓子ブームだと言いますが、先日ご紹介した日本刀も、豆腐も、日本の伝統的な建造物も、落語も、全て古き良き日本のものですよね。

日本人が、日本の伝統文化に回帰しているだけではなくて、海外の人たちがクールジャパンの伝統文化に魅了されています。

義理の母に送る母の日のギフトは、ここのセットにしようと思いました。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

過去のカンブリア宮殿の記事はこちら

山中伸弥の経歴と名言とips細胞研究の現状は?ES.STAP細胞との違いも【カンブリア宮殿】

他力野淳(バリューマネジメント)の哲学や経歴は?再生させた施設も!【カンブリア宮殿】

こども食堂は子供を救えるか?店主の近藤博子さんカンブリア宮殿に出演

合わせて、クールジャパンを担う分野の記事もご覧ください!

お豆腐の記事はこちら(豆腐職人 山下健さん)

日本刀の記事はこちら(刀鍛冶 吉原義人さん)

伝統的な建造物の有効活用の記事はこちら(経営者 他力野淳さん)

落語の記事はこちら(春風亭昇太師匠)

落語の記事はこちら(春風亭一之輔師匠)

ips細胞の記事はこちら(ノーベル賞学者 山中教授)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています