清水鉄志さんは稲盛和夫さんで成功?経歴や根室花まる寿司の店舗や評価も!【カンブリア宮殿】

こんにちは、やじです!

2017年6月22日、カンブリア宮殿に「回転寿司 根室花まる」を展開されている株式会社はなまるの社長「清水鉄志」さんが出演されますね!

やじはいつも、カンブリア宮殿の放送前に村上龍さんの予告CMを見て、どんなところがポイントなんだろう?とチェックしているのですが、今回の清水さんは、面白い経歴をお持ちの方なんですね。


村上龍さんも、事前の資料を見て『「回転寿司店に入って、重要な気付きを得た」っていうから何だろう?と思ったら、「回転寿司をやろう」ってユニークだよなー』って仰っていました。

1 清水鉄志さんの経歴は?
2 清水鉄志さんの東京のお店とメニューと金額と食べログの評価は?
3 清水鉄志さんの人生を変えた稲盛和夫さんとは?
4 はなまる本部で行われている花咲学校とはどんなところ?
5 やじまとめ

調べたことをまとめましたので、どうぞご覧ください!!

スポンサードリンク

1 清水鉄志社長の経歴は?

出典:navi18.shukatsu.jp

清水鉄志
しみずてつし
昭和27年12月4日生まれ
63歳
根室高校出身
株式会社はなまる 社長

株式会社はなまるのホームページに、清水社長のユニークな経歴がありましたので、抜粋します。

清水History
根室市、ノサップ岬の近辺で漁師の息子として生まれる
小学校3年生、体育の授業で「先生おしっこ!」と言えずもらす
中学1年生、母親に「兄弟でアンタが一番頭が悪い」と言われて納得する
中学3年生、父親に「父さん、落語家になる」と言ったら「バカ!」一言で終わる
高校2年生、突然赤面恐怖症になり、校門の入口で勝手に赤くなることが日課になる
高校3年生、父親に「父さん、やっぱり落語家になる」と言ったら「バカ!」また一言で終わる
19歳、札幌の専門学校へ行き、仕送りを貯めて東京の正生学院に赤面恐怖症を治しに行く
20歳、落語家になるため、父親をだまして、とりあえず東京に就職する
20歳、落語家の門をたたくが、体よく断られ、すぐ諦める
20歳、浅草の喜劇劇団に飛び込み、給料1日150円もらう
23歳、つらくて劇団から逃げる
25歳、淋しく根室へ戻る
26歳、スナックのマスターになる
42歳、回転寿司「花まる」開業する
45歳、「稲盛和夫」を知る。人生が変わる。
48歳、回転寿司「花まる」札幌進出
61歳、回転寿司「根室花まる」東京進出
現在に至る

出典:sushi-hanamaru.com(一部改)

赤面恐怖症との闘い、父をだまして落語家を志して東京に行くも挫折、喜劇の世界に進もうとするも劇団から逃げ出す、そして根室に戻る…。

カンブリア宮殿で紹介されているように「東京で落語家修行、劇団活動などを経験した後、根室に戻り・・・・」という感じとは少し違いますね。

大成功されている方ですが、そこに至るまでにはたくさんの挫折を経験されていたんですね。

最近、根室のように地名を付けたお店の成功事例が多いですね。

前のカンブリア宮殿に出演されたファンファンクションの合掌社長のお店も、地名を付けて、産地直送の品を売りにしたアンテナショップ居酒屋でしたね。

→ ご当地酒場で成功されてるファン・ファンクションの記事はこちら!

京セラの会長やJALの再建、そして、その有名すぎる著書「生き方」で有名な稲盛和夫さんと45歳の時に出会い、その後の人生がかわったそうですね。

私の最も尊敬する稲盛和夫(京セラ・KDDI創業者)さんから人生方程式を教わった

「人生の結果・仕事の結果 = 考え方 × 熱意 × 能力」

能力が無くても、頭がそれほど良くなくても、頑張る熱意があれば・・・・
そして、人として正しい考え方をすれば結果はなんとかなる

しかし・・・・人として正しい考え方をすればいいのに
しょっちゅう自分の都合のいいように解釈してしまう
解っているのになかなか出来ない

また反省・・・・の連続!
だからこの程度

出典:sushi-hanamaru.com

一生懸命、頑張ってここまできた方なんですね。

スポンサードリンク

2 清水鉄志さんの東京のお店とメニューと金額と食べログの評価は?

北海道では、もう、超有名店でしょうから、ここでは、東京の店舗について調べて載せておきます。

一度行ってみたいですね。

店舗内の雰囲気は、この記事の「5 やじまとめ」に動画を貼っておきましたので、ごらんくださいね。

回転寿司 根室花まる KITTE丸の内店

出典:ameblo.jp

〒100-7005
東京都千代田区丸の内2丁目7番2号JPタワー5F

※JR「東京駅」丸の内南口より徒歩1分

TEL:(03)-6269-9026  FAX:(03)-6269-9027
営業時間:AM 11:00~PM 11:00 (LO:PM10:00)
日祝のみ:AM 11:00~PM 10:00 (LO:PM9:00)

6月店休日:6/24(土)

メニューと料金表

出典:ginzadelunch.jp

食べログの評価

3.59※2017年6月22日現在

出典:tabelog.com

さすが根室直送なだけあって、ネタが新鮮そうですね。金額も思ったほど高い訳ではありませんね。

回転していないメニューもあり、毎日お品書きが違うみたいですね!!

スポンサードリンク

3 清水鉄志さんの人生を変えた稲盛和夫さんとは?

稲盛和夫さんは、鹿児島大学工学部を出て京セラを設立し、名誉会長をされていたり、JALの再建を実現したりと、超有名人ですね。

また、資材を投じて稲盛財団を設立されたり、若い経営者を指導する盛和塾の塾長として経営者の育成に力をいれていたりと、次世代の育成にもご尽力されています。

経営の神様と呼ばれることもありますね。

「京セラフィロソフィ」(サンマーク出版)、「アメーバ経営」(日本経済新聞出版社)など、多数の著書を出されており、中でも2004年に出版された「生き方」は人生哲学の金字塔と呼ばれ、120万部を超えるベストセラーとなっています。

やじは、稲盛会長のJALの再建の時のお話が大好きでした。

どんな魔法を使ってJALを再建させたのか?と不思議で調べてみたのですが、もちろん、細かいことは沢山あるんでしょうが、主に行ったことというのは、JALの上層部の方々を集めて、缶ビールを片手に語り合ったということだったとお聞きしたことがあります。

JALの方々は、官僚意識と言うか、「安全のためならコストがかかっても仕方がない」「採算も大事だが、安全が大事ではないか」という、意識が強かったそうです。

そこで稲盛会長はビールを片手に、ご自身の考え方を延々と語ったそうですね。

ようするに、意識改革を行ったそうです。

その結果、上層部からコスト意識や採算の考え方への意識が強まり、今の体制になっていったと聞いたことがあります。

清水さんも、社員に徹底的にフィロソフィを語っており、組織に考え方を浸透させているそうですね。

スポンサードリンク

4 はなまる本部で行われている花咲学校とはどんなところ?

株式会社はなまるでは、未経験で入っても一人前になれるように、充実した研修制度を準備しているそうです。

札幌本部に疑似店舗があり、そこで市場研修、握り研修、ホール研修などの重要なポイントを学べる研修なんだそうですね。

また、さすが、稲盛和夫さんの流れを汲んでいる清水社長の考えた会社だけあって、座学研修もあり企業の思いやコンセプトを話し合う場もあるそうです。

花咲学校での疑似店舗での研修と、併設の実店舗でのOJTを繰り返し、1年間の研修になっているそうですね。

これだけ学べば、必ず、一人前になりますね!

また、花咲学校終了後の研修も充実しており、フィロソフィ研修やマネジメント研修など、輪になっての研修も沢山あるそうですね。

このような体制を構築された背景には、もちろん、清水社長の想いというのもあると思いますが、この業界に人材を引っ張ってくる難しさというのもあるのかもしれませんね。

板前さんや経験者の人を採用するのって難しいですし、未経験を雇ってもいきなりは使えない。

色々な経緯があって、この制度ができたものとお察ししますね。

スポンサードリンク

5 やじまとめ

ということで、カンブリア宮殿に出演される株式会社はなまるの清水鉄志社長についてご紹介させていただきました。

調べさせていただいて、とても好感が持てましたね。

多くの挫折を乗り越えながら、今の所まで上り詰めた方だからこそ、言葉に重みがあります。

店舗も、とても活気があり、一般的なチェーン店のお寿司とはやはり違いますね。

正しい考え方をしていれば、正しい結果が出るはずですから、これからも美味しいお寿司を、多くの人びとに提供し続けて、どんどん、色々な地域に進出してほしいですね。

清水社長は根室の出身ですから、根室花まるが有名になればなるほど、地元を有名にすることになりますし、おそらく、仕入れ先の観点からも、地元の経済が潤うことでしょう。

逆に、もし、お客様の信頼を裏切ることになってしまえば、その地名である根室、社長の地元である根室に迷惑をかけてしまうことになりますね。

清水社長は、その点をしっかりと認識され、胆に命じていらっしゃいますので、お客さんや地元、そして、一番大切にしなければならない従業員を裏切ることはないと思います。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています