浅田剛夫社長の経歴や家族や趣味や年収は?井村屋あずきバーで歯を鍛錬?【カンブリア宮殿】

こんにちは、やじです!

今日は、私がいつも食べているあずきバーの生みの親、井村屋グループ会長の浅田剛夫さんがカンブリア宮殿に出演されるので、浅田会長について調べてみました!

アイスには種類があるのをご存知ですか?

やじはアイスが好きなのですが、氷菓とアイスクリームしか食べないんです。

アイスミルクやラクトアイスは食べないんです。

そしてさらに!

氷菓とアイスクリームの中でも、食べるものと食べないものがあります。

人工甘味料を使っているアイスは、絶対に食べません!!

子供には安心なものを食べさせたいという観点でアイスを選んだ時に、その厳しい選考を潜り抜けてくるアイスがあるのです。

それが井村屋のアイスなんです!

だから、本当に井村屋さんのこと、大好きなんです!

あずきバーが好きとかいうレベルじゃないんです。絶対的な信頼を置いているのです。

井村屋さんの商品だけは、裏のラベルを見ないで買うと言っても過言ではないんですね。

1 浅田剛夫会長の経歴をざっくりと!

2 浅田剛夫会長はあずきバーで歯を鍛えて丈夫?
3 浅田剛夫会長の家族は?
4 浅田剛夫会長の趣味は?
5 浅田剛夫会長の年収予測!
6 やじまとめ

調べたことをまとめますので、どうぞご覧くださいね!

スポンサードリンク

1 浅田剛夫会長の経歴は?

出典:chunichi.co.jp

浅田剛夫
あさだ たけお
1942年7月1日? 生まれ
74歳
三重県津市出身
中央大学経済学部卒業
井村屋グループ 会長

中学、高校はバスケに打ち込み、キャプテンとしてインターハイ決勝まで進まれたそうです。

高校の修学旅行で東京に行ったときに、とてもキレイな女性に心を奪われてたことから東京の大学に行くことを決意。

そして見事に中央大学に進学され、その後イカリソースに就職。

同社でやりがいを持って働いていましたが、昔の同級生から大阪万博で高級アイスクリームを販売する新規事業をするから手伝ってほしいと依頼され、井村屋に転職。

大阪支店に配属されます。

2年間の勤務を経た後、フードサービス事業へ異動。

『アンナミラーズ』のオープンに携わり軌道に乗せます。

このまま頑張っていこうと思った矢先、またの異動。

今度は、当時成績の振るわなかった東京支店の支店長に抜擢されます。

東京支店の支店長として、店舗の移動、配送の効率化など、改革とチャレンジを続け、ついに東京支店をNO1の支店に生まれ変わらせます。

そしてまた異動。今度は、調味料事業部。

その後、営業本部長、井村屋製菓社長を経て、井村屋がホールディングス化を図った2010年に、井村屋グループの社長に就任されます。

浅田会長は、昔から元気でバイタリティがあり、自ら遊びを考え出す発想力や、人を率いるリーダーシップを持っていたんですね。

また、浅田会長のおばあさんは、退役した軍艦を解体して、分解して、資源を売るビジネスをされていたそうですから、ビジネスの楽しさや、「お金は使わないと入ってこない」などの大切な教えも受けたそうです。

ビジネスの素地は、おばあさんから教わったみたいですね。

持って生まれたバイタリティや発想力に、祖母からの教えや、色々な部署を経験したことによって知識と経験、そして事業を成功させた自信が加わり、現在の地位まで登りつめられたんですね。

スポンサードリンク

2 浅田剛夫会長の歯がヤバい!あずきバーで鍛えてるの?

まずこれをご覧ください。

あずきバーの恐ろしさは、食べたことのある人は勿論知っていることでしょう。

そして、まだ食べたことのない人も、釘をも打てるこの硬さ。ご覧いただけたと思います。

そして、衝撃の映像はこちら!予告動画の13秒か14秒付近を見てください。

あの固いあずきバーを・・・

あの、タカラトミーのかき氷器を5台も破壊して製造班を苦しめた・・・
出典:takaratomy-arts.co.jp

くぎも打てるあずきバーを!

なんと! サクッと1撃 で攻略していますね!

浅田会長の歯はやばいです!いつもあずきバーで鍛えているのでしょうか。

やじの周りには、前歯を持っていかれた人もいますからね。
気を付けなければいけません。

ちなみにヤジは、犬歯であずきバーを仕留めています。。

硬いけど、おいしいんですよね。やめられないんですよね。。

昨年は、いくら井村屋さんの売上に貢献したんだろう・・・。

スポンサードリンク

3 浅田剛夫会長の家族は?

ご家族のことについては、あまり触れられていませんね。

ただ、ネット上に奥さんとはイカリソース時代に知り合ったということが書いてありました。

お子さんの情報については、やじが徹底調査しましたが、皆無でしたね。

余談ですが、イカリソースって今もある老舗の企業なんですね!

日本で初めてウスターソースを販売した企業なんだそうです。

出典:ikari-s.co.jp

こんなマーク、確かに見たことがありましたね。

お子さんがいらっしゃらないのか、それとも、そこは非公表なのか。

井村屋の役員の一覧にも、井村の姓も、浅田の姓もありませんでした。

お子さんがいらしゃるとすれば、もう40歳位にはなっているはずですから、役員一覧に名を連ねても良いころかもしれませんね。

あれだけ異動に異動を重ねて、津市に戻られたのは社長就任後ですから、仕事三昧だったのかもしれません。

井村屋に転職したといっても、創業メンバーみたいなものですよね。創業時は軌道に乗るまで大変ですからね。

朝から晩まで、土日も休まず働き詰めで、家族との時間はあまりなかったのかもしれませんね・・・。真相は、ネット上ではわかりませんでした。

4 浅田剛夫会長の趣味は?

美術館巡りが趣味なんだそうですね。

また、美術館巡りが趣味のひとつとおっしゃいますが、それは井村屋グループ創業者の井村二郎氏とともにシカゴ美術館を訪れた際の出来事が発端だったそうです。

シカゴ美術館には、浅田社長が中学の教科書で見たことのあるゴッホの自画像が展示してあったのです。原画を見て感動を覚えて以来、世界三大美術館*はもとより、国内外の出張先でも時間がある限り必ず美術館に立ち寄られるとか。

現在は、三重県立美術館協力会の副理事長も務めておられます。

出典:jp.fujitsu.com

世界3大美術館というのは、次の三つなんだそうです!

アメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館

フランス・パリのルーヴル美術館

ロシア・サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館

スポンサードリンク

5 浅田剛夫会長の年収予測!

年収予測って、下世話でちょっと嫌なんですが、やっぱり気になりますよね。

井村屋グループの平成29年3月期の業績は以下の通り。

売上高 419億9700万円
経常利益 13億600万円
東証2部上場の会社ですね。

こういうのって、調べ始めると気になるんですよね・・・。

平成7年当時の資料を見つけました。

当時の売上高159億円に対して、この時の役員報酬の上限が月額150万円、年額1800万円だったそうです。

そして2016年3月期の資料がありました。

取締役9人に対して、1億7657万4千円支払っています。(出典:donburi.accountant

単純に人数で割ると、1961万9333円ですね。平成7年当時の規定は超えていますね。

もちろん、取締役の中にも階級がありますから、浅田会長兼社長の年収は、2千5百万円~4千万円の間といったところでしょうか?

これって、高いと思いますか?やじは昔はそう思っていました。

でも、会社のトップになると、付き合いがあったり、社員の冠婚葬祭時に包むお金も増えたり、そもそも高額な報酬には高額な税金がかかったりと、責任に対して見合うかどうかと言ったら微妙みたいですね。

あとは、役員になってストックオプション制度などで自社株を持っていれば、配当収入があるかもしれませんね。

6 やじまとめ

ということで、井村屋グループの浅田会長について調べてみました。

放送されるカンブリア宮殿では、あずきバー以外の商品や、今後の戦略についても紹介されるようですね。

浅田会長は多様性の大切さについて熱心に説かれていますから、女性の積極的な登用などについても語られるかもしれませんね。

井村屋さんは本当に真面目一筋の会社なイメージをヤジは持っています。

味もさることながら、安心して食べられるという絶対的な信頼を寄せています。

これからも、消費者の方を向いた商品開発をしていただきたいですね。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

こちらの記事も一緒に読まれています



コメント

  1. 匿名 より:

    カンブリア宮殿でのお話しは、大変結構でしたが、社内業務ではコンプライアンス違反があることをご存知でしょうか。
    パート・アルバイト従業員に対する、雇用保険、社会保険(厚生年金、健康保険)への未加入が複数年に渡り実行されておりません。
    会社のトップとしてご存知でしょうか、

    • やじ より:

      お世話になっております。
      やじうまインフォの管理人でございます。

      この度は、貴重な情報をご提供いただき、ありがとうございました。

      当方で修正させていただきましたが、本名でご投稿いただいたことからも、相当な憤りがあるのだとお察し致します。

      私はそのような事実は存じ上げませんでしたが、もし、本当にそのような事実があるのでしたら、こちらへの情報提供も大変ありがたいのですが、すぐに労基署へ連絡していただいた方がよろしいかと思います。

      その際に、当案件が法令違反にあたるのか、それとも、労働関係の法律のグレイゾーンの問題なのかだけは、キチンと調べるべきと考えます。

      これだけの大きな企業ですから、政権運営に関して、何人ものプロフェッショナルが関わっていることは明らかです。

      調べてみて、おかしいと思えば、会社へ。会社にそのようなお話をしてしまうと立場が…というのであれば労基署または社労士の無料相談で聞いてみるとか、改善するための策はたくさんあると思います。

      当サイトでは、情報をご提供いただいたお礼に、メッセージを隠さずに表示させていただくことしか、今のところお力にはなれなそうです。

      何卒、ご容赦いただきますよう、お願い致します。

      ありがとうございました。